EVENT

ターボスクールやイベント情報をアップしています。

【ボディボード】京様 2位入賞 !!!! JPBA第3戦ムラサキスポーツ湘南オープン

今年の梅雨は長——-い!昨年の梅雨明けが早かった分、余計に長く感じるのは私だけではないはず。
そんな中、海の日に7月15日ボディボードのBIGイベントJPBA第3戦 ムラサキポーツ湘南オープンが今年も開催された。前日の予選の朝は雨が激しく振ったようだが決勝が行われた15日は一瞬小雨が降る程度で、天気は大きく崩れることはなくギャラリーの方もじっくりと試合観戦に集中することができたのではないでしょうか?

 

まずは、TURBO女子プロ軍団から話すと大角J地一美プロと松野かおるプロは1日目の予選で敗退してしまい2日目に進むことはできなかった。松野プロは試合中に腹部を強打してしまい試合後に歩けなくなりウォーターパトロールに運ばれると言うアクシデントがあり即病院で検査し特に問題はないと診断された。

ご迷惑をお掛けしたウォーターパトロールやJPBAの運営の方々、ローカルの方々に心からお詫びを申し上げたいと思います。

「ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。」

しかし、プロの集中力と執念はすごいと感じたのは、実は1本目のライディングで腹部を強打していて、痛みにを感じならもヒートを続けていたことである。アドレナリンがばくばく出ている中で痛みを感じなくなったのかもしれない。結果は負けてしまったが、最後までヒートをこなしてから倒れるのはプロ根性だと思わざるえない。

一方、鉄人 汐月麻子プロと野村祐子プロは順調にQFを勝ち上がり、セミファイナルまで駒を進めたがここで敗退してしまった結果は二人とも7位タイフィニッシュとなった。今の二人にはセミファイナル突破が課題となるのだが、必ず突破してくれると思うので引き続き応援お願い致します。

さて、今回のメインは京様こと京谷雄策プロだ!1年に一回、湘南オープンの運営をしながら試合にでる2足のわらじ型プロボディボーダーの京谷プロ。今年は十分な練習時間が取れずに心配だったが、QF、SFを難なく勝ち上がって決勝まで進めた。
使用しているのは彼が監修したムラサキスポーツ限定モデル YSK.LTD YSKは雄策の略ですよ!

決勝では波をじっくり選んで乗る作戦で2本まとめて最後の1分までは1位で優勝の文字が誰もが頭に思い浮かべる中でドラマは起きてしまった。

 

2位の粂総一郎選手が逆転に必要なポイントを超えて逆転優勝となった。
粂選手優勝おめでとうございます!

私はただ見てただけなのだが、何かやりきった感があり残念というよりも清々しい気持ちとなった試合だった。
例えるならば、映画ロッキーを見た後にトレーニングして走りたくなる感じかな。何て言っていいかわからないけど….
そして、京谷プロは残念がる暇もなく、さっさと着替えて運営へと戻っていったのであった。


単純なハッピーエンドでは終わらなかったけど映画を見ているような感じで面白い1日だった。会場でチームTURBOを応援して頂いた皆様ありがとうございました!