ブログ

TURBO GIRLS達のACE BOARD


今月行われた湘南オープンで折り返し地点となったJPBAツアー 

後半戦は8月4日、5日の日程で愛知県 伊良湖赤羽根ロングビーチで開催される。

さて、日本の各地の波を攻略しなければならないツアープロはどんなボードを使用しているのか?TURBO女子プロチームの使用ボードを見てみよう。

 

TURBO GIRLSチームマネジャー 汐月麻子プロ

彼女が使用しているACEボードはCTモデル 37.5インチ

チームモデルとして発売しているが、事実上、彼女のシグネチャーモデルに近いものがあり、開発にも積極的に開発に参加しながら自分の経験をボードにフィードバックしてボードを進化させてくれている。

サブボードはXLR8クレセントテール このモデルはハワイや日本の掘れあがる波の時に使用している。

CTモデルの詳しい情報はこちらから

    

横手奈都紀プロ

現在、チームの中でただ一人APBワールドツアーをフォローしている横手奈都紀プロだが、

国内の試合では昨年からMBモデル38インチを使用しており、彼女の中では安定性が良いのが気にっているようだ。

そして、APBワールドツアーで使用しているサブボードは、汐月麻子プロと同じ、XLR8クレセントテール 38インチ

やはり、レールホールド性能が高いこのモデルがハードは海外の波には調子が良いからだろう。

松野かおるプロ

彼女は、身長は高いのだが、体重が軽いので39インチを使用するのをやめて、38インチを使用している。

MB、CTと乗ってきたが、今年はXLR8バットテール38インチを使用している。1インチ下げたことでオーバーフローを防ぎ、早いコントロール性能を引き出すのがねらいだ。順調に成績を伸ばしてしてきている彼女、まだまだのびしろがあるので頑張って欲しい。

野村祐子プロ

湘南オープンでは3位入賞と好成績を残した野村祐子プロ

彼女は、MBモデルに絶対的な信頼を寄せている。

使用するボードをMB38インチ1本に絞り込みボード性能を知り尽くすことで自分のライディングを作っているようだ。

徹底的に乗り込む事で、体にボードのフィーリングが染み付き様々なシチュエーションの中で自然に体が反応するように練習をしている

そして、今まではサブボードを持たなかった彼女だが、シーズン後半の田原プロから発売されたばかりのTURBO4 LTD 38インチをチョイスしている。

MBモデルの詳しい情報はこちら

TURBO4モデルの詳しい情報はこちら

 

TURBO女子プロ軍団メンバーの使用ボード紹介いかがでしたか? 

各プロの個性や考え方にそったボード選びをぜひ、自分のボード選びに当てはめて参考にしてみてください。


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 日本ボディボード工業会理事長 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。
Junichi Morimura

最新記事 by Junichi Morimura (全て見る)

関連記事

コメントは利用できません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

219人の購読者に加わりましょう

TURBO JAPAN

HOW TO BODYBOARD

ページ上部へ戻る