BODYBOARD

大角地一美プロが解説するTURBO GIRLS CTモデル

今日は、朝から生憎の雨でしたが、今週も元気を出して行きましょう!先週末は県をまたいでの移動が解禁となったので海に出かけが人も多かったのではないでしょうか?
週末はいい波に乗れましたでしょうか?

さて、ボディボードには取り扱い説明書がないので、正しい乗り方やボードの特徴を実際に使用しているプロから説明してもらう企画、プロが解説するシリーズ 第2弾は大角地一美プロが解説するTURBO GIRLS CTモデルです。

では、早速いってみましょう!

 

 

大角地一美プロの生コメント
私が使用しているボードは、TURBO girls CT 2020MODELです。

TURBOボディボードの確立されたモデルの中で、私がこのCTを選んでいる最大の理由は「コントロール性」です。
ボードの「しなり」に重点を置いたCTは、ライディング中に最もライダーの思いが伝わるボードなので、様々な波のコンディションに対応できると思っています。

ボードの特徴を話す時に、硬め、柔らかめ、と話しますが、CTは柔らかめの方だと言えます。
ターンからリップに上がって行った時、波側でホールドしている手から肘の部分で、はっきりとボードのしなりを実感しコントロールすることが出来るので、女性や初心者の方、握力や筋力に自信がない方に特にオススメしたいボードです。

身長157㎝の私だと37インチがジャストサイズですが、少し大きめの38インチを好んで使用しています。
理由は、筋肉多めガッチリ体系なので、浮力の観点から少し大きめが良いからなのですが、コントロール性に優れているので、大きめなボードでも無理なく扱うことが出来ます。

CTのもう一つの特徴は、ボードの中に隠された2本のストリンガーです。
平べったくて細く、とても軽いレッドストリンガーが、肘下からテールまでの部分、左右のレール側に1本ずつ、合計2本セットされています。

下記がレッドストリンガー 2本レッドストリンガーが入っているので2レッドストリンガーと読んでいます。


先程あげたノーズを握った手から肘までのしなりは保ちつつ、波側のストリンガーの反発によりエルロロに飛び上がっていけるんです。

さらに加えて表現すると、左右それぞれのストリンガーが波から加わるパワーの度合いでしなるので、ボードの「ねじれ )(トーション)」からの反発も保たれています。

この2本のストリンガーと、ボトム一面のメッシュの反発力により、エルロロが飛躍的に向上したので、私はCTモデルを愛用しています。

女性にも初心者やお子さんにも扱いやすく、かつコンペティターにもオススメできるCTモデルを、ぜひ体感していただきたいなと思います。

大角地プロはもともとはMBモデルを使用していましたが、エルロロの精度を高めることを課題に練習しているときにCTモデルを試したところ、ツボにはまりCTを使用しています。
CTを使い始めて今シーズンで3年目となります。

みなさんも自分にぴったりあうボディボードが必ずあると思いますで試乗するなどして、いろんなボードを試してみてください。目からうろこ的な発見があると思います。

ではまた!

CTモデルの詳しい内容はこちらで確認して頂けます。

 





 

 

Translate »