BODYBOARD

【ボディボード】しなりと反発の関係

ボディボードのしなりと反発の関係性について

ショアブレイクの波では硬すぎるボードでは力がない人(特に女性)はターンからエルロロをメイクするのは難しく感じると思います。ボードをコントロールするにはボードをしならすことができないといけないからです。
ボードをしならせて、そしてもどる反発を利用してエルロロをかけるとしっかりとしたエルロロができます。

新島プロでの大角地一美プロのスピンからのエルロロ

このクイックな動きはかなり難しいと思います。

 

では、どのようにしてボードをしならせればいいのか?それは、しっかりと肘に体重をのせてターンすると自然とボードのノーズ側が持ち上がりロッカーが強くなるようなイメージでボードをしならせるといいでしょう。この時に腰と肘に体重をのせることがポイントです。上の汐月プロのライディングはしっかりと肘と腰に体重のせてボードをしならせているのがよくわかります。

このしなりの力を使い易いボードはターンやコントロールがしやすいボードと言えます。
TURBOで言えば、TURBO GIRLS CTモデルがしなりを使ったライディングがしやすいボードなのででお勧めです。

CT モデルは、柔らかめのコアを使い、そのままでは反発力が低くなってしまうので細くて平な形のストリンガーを2本入れることでよくしなり、良く反発するコアとなています。女性でもしっかりとボードのしなりを利用したパワフルなライディングが可能なモデルとなっています。

TURBO SURF CLUB会員限定特別クーポンはこちらから

TURBO GIRLS CTモデルの詳細とご購入はこちらからご覧いただけます。