ブログ

京谷雄策の初心者のためのできるボディボード講座#7 【横に走る レギュラー編】


横にはしる

テイクオフができるとうになり、直線で岸まで行けるようになったら、次は、波を横に走る練習をはじめましょう。
真っ直ぐに走っていた時は、進行方向である前に向かって体を乗り込んでいましたが、横に走る時は行きたい方向へ体を乗り込みます。
ボードの上で体重移動させることによってボードが傾き、コントロールさえる事ができます。
それでは、まずは、右の行く練習をしまいょう。

右の走る練習

右へ走るためのスタンス(肘、腰の位置)

R1B

右に聞く場合の体の動き
テイクオフができたら、目線を前から右へ移動します。
次に乗り込みですが、右腕が、写真の様に二の腕の後ろに胸が付くようにボードの乗り込みます。これにより、ボードの重心が真ん中から右へ変わるのでボードも右方向へ傾き、右へ走る事ができます。
R2B

まずは、右へ走るためのスタンスを徹底的に覚えましょう。このスタンスを覚える事が上達の一番の近道です。
右腕が、写真の様に二の腕の後ろに胸が付くようにボードの乗り込みむことがポイントです。

 

 


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る