EVENT

ターボスクールやイベント情報をアップしています。

来年はボディボーダー増殖計画第一弾スタートします。

楽しいクリスマスも終わり、今年の仕事納めの日となりました。
前回のブログにも書きましたが、色々とありましたが、決して悪い一年ではなかったと個人的には思っています。

色々とは具体的にコロナウィルスの蔓延、オリンピックが延期、生まれて初めての緊急事態宣言によるライトロックダウン、マスクの着用の定着などがありました。

日本人はどんなことが起きても粛々と現状を受け入れ、解決するために知恵を使える人種ということを改めて気が付くことができました。

いろんなことがあったけど、海に入っている時はマスクはしないし、解放感があるし、今までと同じ最高に気持ちがよい感覚を楽しむことができたので本当にボディボードをしていてよかったと実感できました。

コロナ渦の中で、ヨーロッパ市場を中心にボディボードは大幅に増加しているようです。
実際、ハイクオリティーボディボードを生産できる工場はどこも、フル稼働で出来上がるまで通常の1.5~2倍ぐらい時間が掛かっています。町遊びから海へと密のない自然を楽しむ方が急増しているのでしょう。

こんな理由から日本もコロナの中で、これからボディボードを楽しむ人が増えるかもしれません。
ボディボードは一人でも楽しむことができ、場所を選べば密になることもないので今の時代には合致しているのだと思います。始まりはどうであれ、ボディボーダーが増えることは大歓迎です。

先日のライダーミティーングで分かったのですが、TURBOライダーもユーザー、非ユーザー問わずにボディボーダーさんとコミュニケーションを取りたいと考えていました。そこで、来年頭にはオンライン形式でTURBOライダーとコミュニケーションが取れる機会を作りたいと考えています。

具体的な内容を詰めたらご報告いたしますのでお楽しみに!

結論
コロナがきっかけで、密になりずらい海への関心がたかまり潜在的にボディボードに興味がある人たいが参入し市場拡大の可能性がでてきた。

コロナがきっかけて、急激にひりがったITツールを使用してライダーがボディボーダーとコミュニケーションをとることが可能になり新しいコミュニケーションが生まれるきっかけとなった。

ゆえに、「決して悪い一年ではなかった」というのが今回の結論です。

くだらないことをグダグダと書いているこんなブログをいつもお読み頂きありがとうございます。
今年も1年ありがとうございました。
来年も新しいことにどんドン挑戦していきますの引き続きよろしくお願いいたします。

それでは、また!