BALANCE BOARD

クモボードを使ったドルフィンスルーの練習方法

クモボードを使ったドルフィンスルーの練習方法

 初心者の多くの方は、ドルフィンスルーが苦手に感じている人が多いのではないでしょうか?
ドルフィンスルーをするには、最低限の筋力が必要になります。まずは、筋力をつけてドルフィンスルーができるよにしていきましょう。今回は、クモボードを使用して筋力作りをご紹介致します。このトレーニングは、同時に体幹(インナーマッスル)も鍛えられるのでおすすめです。

 

上の写真のようにボードとローラーを使いバランスを取りながら、腕立て伏せを行ないます。もし、バランスが取れない場合は、ローラーをクッションに変えて行ってください。 6回~12回自分のレベルに合わせて行い 30秒休憩を入れて3セット行いましょう。最初は、バランスが取れなくてグラグラすると思いますが、ゆっくりと安定した体勢を保ちながら腕立て伏せを行ないましょう。バランスが取れない場合は足を開くと安定します。

慣れてきたら腕立て伏せをする際にドルフィンスルーの様に少し、重心を前に動かし、ボードのエッジに部分に頭を付けるようにしていきましょう。これも6回~12回1セット終わったら30秒休憩して3セット行ってください。

ローラーを使って腕立て伏せを行なうと水の上のように不安定な状態になります。その状態でバランスをとりながら腕立て伏せを行うことがとてもドルフィンスルーの練習になります。

もし、体力的に余裕がある方は、写真のように腕をボードの乗せた体勢を維持するプランクも一緒に行なってみてください。これは、30秒キープを3セット行ってください。この時、足を閉じて行ってください。より体幹が鍛えられます。


そして、更に余裕がある方は片足を上げて足1本でプランクをおこなうワンフットプランクに挑戦してみてください。これはかなり、キツイですが、とても効果があるので試してみてください。

 

 クモボードはこちらのリンクからご購入できます。