BALANCE BOARD

クモボードでレールを入れる感覚をマスター

クモボードでレールを入れる感覚をマスター

 

サーフィン、ボディボードなどのボードスポーツの共通点は、レールを波に入れてターンをすることです。多くの初心者は、レールうまく入れることができない、入れ方、入れる感覚がわからない人も多くいると思います。しかし、レールが入れられなければ、ボトムターン、スピードにのったライディングをすることはできません。

海での実践練習では、波乗っていられる時間は一瞬なのでなかなか覚えるまでに時間が掛ってしまいます。そこで、レールの使い方(エッジコントロール)をクモボードを使って陸上でトレーニングすることをお勧めします。クモボードのローラーはバランスボールの様に空気を入れて使用するので体重をかけると凹みます。ボードの上で体重をかけてボードが斜めになった状態をキープするエッジコントロールの練習が自宅で簡単に行なう事ができるのです。
このエッジコントロールができれば、ボトムターンが自然にできるようになります。ローラーは体重をかけて凹ませると戻ろうとするので波にレールを入れる感覚ととても似ています。

イメトレ練習のポイント

ボードのサイドのエッジ部分に体重をのせながらバランスが取れる位置を自分で見つけていくことです。フロントサイドができたら次は、バックサイドでもバランスが取れる位置を探してその位置がエッジコントロールができる位置となります。
最初は怖いと思うので、壁に手をついてボードを傾けてもいいし、誰かに補助をしてもらいながらすることをお勧めします。

ボディボードの場合

ボディボードの場合は、クモボードのボードは使用せずに自分のボードをローラーに載せてバランスを取りながら、ボードを傾けられる位置を探していきます。手で無理やりボードを引き上げてしまう人などにはとても効果がある練習方法です。
この時にローラーの空気圧をすこし少な目にするとやり易くなります。

下記のVTRを見て頂ければ、エッジコントロールのやり方がよりイメージできると思いますのでぜひ、ご覧ください。