TURBO girl 大角地一美です!

TURBO BODYBOARDライダーの、大角地 一美です(^-^)💕

この度TURBOブログをスタートいたしました✨

TURBOボディボードの素晴らしさはもちろんですが、大会や海関連の情報、何よりボディボードの素晴らしさをTURBO girlsとお伝えしていけたらも思います^ – ^

どうぞよろしくお願いいたします🤲

まずは初めなので、裕子プロと同じく自己紹介から。

大角地 一美 (おおかくじ かずみ)

*苗字は難しぃですょね😂ぜひ覚えていただけたら嬉しいです!

1980年3月31日生まれ 現在38歳 既婚

生まれも育ちも東京足立区出身

中学2年生男の子、

小学3年生女の子、

保育園年長さん女の子、の3人のママです。

仕事は会社員。

ずっと調剤事務をしていましたが、最近転職して介護事務&マネージャーとして働いています。

医療のお仕事は天職と思ってます^ ^

ボディボードをはじめたきっかけは、

高校3年生の時に見た雑誌で、単純に流行ってたからです(笑)

当時「Fine」って雑誌で、ボディボード女子とスノーボード女子がとっても取り上げられてて流行ってて、めちゃくちゃ可愛くって、受験も終わったしどっちかやってみたいなーーーって。

ぅ〜ん。。。海はぁ波があるから1年中できそーだけど、雪はないとできないよねーぇって、

んじゃ!ボディボードやってみよっっ!って。

ただそれだけですwww

速攻でバイトのパイセンのもらい物の道具かかえて、太東ビーチに行きました。

何も知らないままいきなり行ったので、近くにいた女の子の見よう見まねでやりました。

やっとこさ一本乗れた時の光景は、今でもスローモーションでハッキリと覚えています。

その日楽しすぎて6時間くらい入りっぱなしで、親に通報される寸前でした(笑)

そこが私の波乗り人生の原点です。

気がつくとボディボードの魅力にのめり込み、楽しくて楽しくて全ての事が海ベースに考えていきます。

現在所属しているducks surf shopは、その頃からずっとお世話になっているお店です。

(こちらはサーフショップの老舗で、先代の高橋太郎は日本サーフィンのパイオニアのひとりなんです!ぜひお店に遊びにきていただけると嬉しいです^ ^🤲)

2年くらいほぼひとりでやってたら、試合出てみないかと誘われて、NSA東京支部予選にでてみました。

これまた何も知らないのにとりあえず出てみたら、技も知らないんだから負けるの当たり前なんだけど悔しくて悔しくて。。。笑

その2年後、予選突破して東日本突破して全日本いって決勝残って4位になりました。

負けた悔しさと勝つ喜び、この頃からプロになりたいと思いはじめました。

JOBツアーや鴨川でやった世界プロツアーにも出たりしました。

世界戦選考メンバーにも選ばれたりして、本気でプロになりたいと強く思いだしたころ、

妊娠、結婚、出産。

この時完全に諦めました。

産後に2試合だけでたりもしましたが、、、

↑そのうちの1つ。

これは公認大会ではなかったので、プロ宣言は見送りましたが、もしかしたらまだ頑張ればいけるのかなって思いました。

が、2人目、3人目の出産と育児で

完成にまた諦めました。

が、2015年のNSA50周年の全日本は太東だと聞いて、血が騒いでしまいました(笑)

予選から久しぶりに出場し全日本6位タイ。

ダメです、もぉ諦めきれなくて、そこから家族のサポートのもと完全復帰。

翌年のインタースタイルにてTURBOボディボードと出会い、乗りはじめたらいきなり優勝したり!

マジックボードTURBOをパートナーに、NSAの公認試合やJPBAサーキット戦を回りはじめ、

去年2018年愛知のURBAN RESEARCH TAHARA PROにてプロ資格を取得することができました!

↑プロ資格取得の瞬間を同じヒートで一緒に勝ち上がったTURBO girl 薫プロと。

海に通える事に感謝、サポートしてくれてる家族やスポンサー様に感謝、勝てたらそばで喜んでくれる子供たち。

そんな幸せな環境で、現在は裕子プロの故郷の鴨川がホームポイントに、海に通えております^ ^

長くなりましたが、「私らしく」

諦めなければ道は切り開ける!闘うかぁちゃんスタイルで、これからもTURBOボディボードと上を目指して成長していきます!

そんないろいろな出来事をお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします❤️


2019-02-02 | Posted in 大角地一美プロNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。