TURBO / PROJECT CUSTOM BOARD


エポ(ARSの生みの親)やダミアン キングなど、ワールドチャンピオンを輩出してきたボディボードの聖地オーストラリア ポートマコーリ

ここにGlenn Taylorのシェイプルームがあり、彼がオーナーを務めるPROJECT CUSTOM BODYBOARDをシェイプしています。実は、オーストラリアにはたくさんのシェイパーがいますが、シェイプルームを持っているシェイパーはGlennを含めて2人しかいません。

オーストラリアでも貴重なハンドメイドボードを作れる場所なのです。

PROASAKO

 

PROJECT3

Glennのボディボード制作の知識とアイディアがたくさん詰まったPROJECT CUSTOM BODYBOARDは地元ポートマコーリの多くのボディボーダーに愛されています。

そんな、PROJECTとTURBOのコラボ カスタムボードを販売する事が決定しました。

今まで、PROJECTでしかオーダーできなかったテンプレート(ボディボードの形)や素材の組み合わせが、全てTURBOでも使用が可能となり、TURBO / PROJECTブランドとして日本に上陸です。

現在、細かい調整を行っているので、TURBO / PROJECTの本格的始動はこの10月頃となりそうです。

このコラボ企画は、日本のコンペティターや上級者へ向けてGlenn Taylorが提案する「ユーザーのライディングをサポートするボード作り」のノウハウを結集し行なわれます。日本のコンテストコンディションに多い、小波やパワーがない波へでのライディングを想定し、日本の波に合わせてスペシャルチューニングをおこないます。

例えば、小波にでもスムースにスピードを出す事ができる1枚張りのTRレールなどもオーダーが可能になります。

BEN RAIL
ワールドワイドに活躍する多くのプロフェショナルボディボーダーから支持されてきたGlennの新しいプロジェクトを
ご期待ください

p10

p12

p13

p11


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。
Junichi Morimura

最新記事 by Junichi Morimura (全て見る)

おすすめ記事

  1. 先週末、千葉県志田ポイントで開催されたNSA東京支部予選へ応援に行ってきました。
  2. できるボディボード 今日の課題は?フィンの正しい履き方です。
  3.   ○ 通常のPPボードに比べ、ボードの走りだしが早くなり技へのアプローチにゆとりができた...
  4. Photo:Mayuka 毎年、冬の間をハワイで過ごす前山剛志...
  5. 今年のゴールデンウェークは最長10連休とトリップに出たくなる連休ですね! トリップをより快適にする為...
  6.  危険なショアブレイクが立つことで有名なボディボードの聖地サンディービーチで開催されたHA...
  7.  今日、明日の2日間で開催しているJPBA 第2戦 KSP PRO ISU...
  8.  ターボはもちろん、世界中のメーカーが一斉に使用を初めているSKINTEC...
  9. MBモデル 安定性重視モデル 【安定性65%スピード性35%】日本特有である緩慢な波でも対応...
  10. 今年の夏は暑いらしい! トランクスやビキニで波乗りできる機会が多そうです。
ページ上部へ戻る