ブログ

IN SIDE OF YUSAKU KYOTANI


雄策がツアー引退について、本当の気持ちを教えてくれた

  S__12034091

 JPBA最終戦で京谷雄策が来年からツアーに参加しない事を発表した。長年にわたり、メンズクラス4天王としてボディボードコンテストを牽引してきた雄策のツアー引退の報告に多くのファンが驚いたと思います。

しかし、勘違いしないで欲しいのは、彼のボディボードを盛り上げていきたいと言う気持ちや業界に貢献したいと言う気持ちには全く変わりがない事です。

 

えあー

自分を見つめ直す、タイミング

 雄策の持ち味は,型にはまらずに自由でゆったりとした状態で自分のスタイルを出すライディングをすることです。 現に彼のようにスタイルのあるエアーをできる選手は他にいないと思います。

彼の価値観では、大会で、2位も3位も5位同じで、1位にしか意味がないと考えていました。しかし、試合中にマークをして乗せなければ勝ちのような戦略が、繰り広げられるコンペでは彼の持ち味が100%出せない環境でもありました。

もちろん、雄策自身はそれが試合だから仕方ないと割り切っていたし、試合を楽しんでもいました。しかし、このまま同じ事を続けていくことに違和感を抱いていたようです。

小さい波で演技をすることに集中できず、楽しみを感じない自分がいたからです。

生活の一部になっていたツアーについて見つめ直すタイミングだったのかもしれません。

S__12034081

心の変化に素直になる時

 

そんな心境の変化を経て、雄策が選択したのは、ツアーを退きフリーで活動するプロボディボーダーとして業界に貢献していくことでした。

「フリースタイル プロボディボーダー」

レベルは違うかもしれませんが、ドノバン、ロブ マチャドのように試合に出なくても人気のあるプロサーファーがサーフィン業界では存在します。

そこで雄策は、ボディボード業界には存在しないフリースタイル プロボディボーダーとしてボディボードの啓蒙活動を行うことを目標としました。

言い換えれば、新しいジャンルを作り上げることなので、難しい事ではありますが、ある意味本当のプロとしてワンランク上の活動を行う事を選択したのです。

フリースタイル プロボディボーダーとして活躍するために

 まずは、大きい方向性として雄策の言葉をそのまま、書くと

僕の目でみて、感じたカッコいいライディングを映像や写真を残し、形にしていくことで本当のボディボードを知ってもらう活動をしていきます。小波は、もう乗りません。」

海外の様にもっと多くのメンズにボディボードを楽しんでもらってレベルが更にあがる様

に活動したいと思います。

また、クリエイターとしてターボの商品作りにも積極的に関わっていきたいと思います。

ツアーから離れることでできた時間をフルに使い、今までできなかった事をやっとできる時間がやっとできたので頑張って、いい物を作ってもらいたいものです。

こだわりにこだわり抜いたスタイリッシュで美しい映像を雄策の視点で作りだしていきますので期待してください。

本人はフリーでやることの難しさを良く理解していて、ファンの期待値が試合より、はるかに高い事を望まれていることがわかっているのできっと、驚くような事をしてくれるはずです。

部原

              

Face To Face, Hand To Hand.

 

ムラサキスポーツでのアドバイザーとして活動する中で、「自分がお勧めしたボードや道具を使う人たちと身近に接していきたい」と言う気持ちが生まれてきたと、照れくさそうに語っていました。

ターボの営業マンとしての道と天秤にかけた時に、よりお客様とダイレクトにかかわれる販売の方が自分には合っていると感じたそうです。

ライダーとしてターボのボードをお客様に勧めながら、お客様に満足して頂き、ボディボードをより楽しんで頂く環境作りをしたと心から今思いっているそうです。

私達、スポンサーとしては最高にありがたいことです。

 

そんな気持ちの中で、彼は多くの人たちと出会い、ボディボードの楽しさを伝える為にスクール活動にも力を入れていくそうです。他のプロにはない上達方法を教えるノウハウがあるのでボディボードのレベルの底上げをしてもらいたいと思います。

2015年は、積極的に地方でのスクールも行うのでぜひ、みなさん参加してください。

小人数制のTURBOスクールをディラー様とコラボして開催していきます。

詳細は、ターボホームページにアップしていきます。

 

 

静波

       

クリエイターの活動の中で

 

折角、クリエイターを名乗り、商品作りをしてくれるとのことなのでターボジャパンとコラボを行い、雄策らしいアイテムを少しずつ形にしてもらおうと思いっています。

 

例えば、ビールをより快適に飲むためのかっこいい缶クージーなどの小物など、ありそうでなかったカッコいい物、かわいい物をTURBOとコラボで企画販売を予定しています。

京谷雄策ならではの視点で作り出す、様々な商品を楽しみにしてください。

 

ビーチをこんな感じに流木だけで、自然のカフェにしてしまう感性の持ち主なので、おしゃれで、かっこいい物を作ってくれるはずです。

S__12034086

とは言いながら

 

ツアーを離れる決断を行いましたが、IBAやAPBなどワールドクラスの大会が日本で行われた場合はもちろん、試合にスポンサーの意向で出場させようと思います。

彼がはるばる遠征をしていた世界大会が日本で行われることがあれば、それはそれで大会を楽しんでもらおうと思いっています。

長々と書きましたが、ここまで読むと雄策が何を考えてツアーを退くのかが良くおわかりいただけたのではばいでしょうか?これからも、TURBOライダーして私達共にボディボードの発展の為に力を注いでいく気が満々なのを感じて頂けたと思います。

そんな訳で、これからも、京谷雄策を宜しくお願い致します。

S__12034083


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。

関連記事

  1. Avatar for Junichi Morimura
    • なかじ
    • 2015年 1月 13日

    ボディボードがヘタなりに大好きで鵠沼に引っ越して10年になるんですけど、
    引っ越して波乗りして…の帰り道、「こんちわー」って絶対に知らないわたしに声をかけてくれたのが京谷さんです。
    これって引っ越してきた自分にはすごいありがたかった。
    去年は「フィンどれにしようか」と悩んで職場に行ったら京谷さんがいて即決。
    もちろんこれからも応援してまーす。

    • Junichi Morimura
      • turbojapanhp
      • 2015年 1月 13日

      なかじさん
      メッセージありがとうございます。
      これからも、宜しくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る