ブログ

京谷雄策のボディボードの楽しみ方


ボディボードの楽しみ方

ボディボードにはいろいろな楽しみ方があります。

のんびり楽しく!とか

日常を忘れる為とか!

大会に勝つためとか?

まさに十人十色

京谷雄策は、全部経験した上で、今はボディボードの「カッコよさ」を追求する事を楽しんでいるだと思います。
 

そこで、京谷雄策の求めるカッコよさを30秒 お楽しみください。

本人曰く、体硬すぎ~だそうです!

 

 

どうですか、かっこよく感じました?

カッコ良く感じてくれた方にとっておきの情報です!

京谷は、ムラサキスポーツ限定ボードとして、彼がプロデュースした 「YSK.LTD」モデルをリリースしました。

これは、京谷が使用してきた細めのパフォーマンスボードとは違い、一般の人が乗りやすいボードをコンセプトに作りました。
なので、誰でも、簡単にコントロールできるマジックボードに仕上がっています。

 

それでは、京谷がボードに込めたコンセプトについて、本人のから説明してもらいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ワイド・テールワイドを広くとってテイクオフをラクに!

・その分アウトラインを丸くしてコントロールを簡単に!

・程よいフレックス・高反発なコア素材がターンをより伸ばす!

・小波からサイズのある波まで対応できる!

・スピン・エルロロがやり易い!

とりあえずざっくりですがこんな感じのボードです。

 

 

限られた休みの日に、その波のコンディションで楽しまなければならない方が多いと思いますが、

どんなコンディションでも乗り易いラクなボードになってます。

サイズは、37.7inc,38.5inc,40.5inc,41.5incの4サイズ。

サイズが合えばそのままのサイズで、

0.5inc小さくすればコンペ対応な小回りのきくボードに、

0.5inc大きくすればもっとラクなテイクオフと大きなラインでサーフが可能に。

ボードサイズは適正サイズに合わないとダメ!って訳ではないので、使い分けてもらえればより楽しめると思います!

 

まとめ!

サイズ、女性向け 37.5” 38.5”  
男性向け 40.5” 41.5”の4サイズ展開

パフォーマンス重視で乗るなら、いつもより、0.5インチ下げたボード たとえば、39インチにいつも乗っているなら38.5インチをお選びください。
逆に、小波やフリーライディングをメインに選ぶなら、いつもより0.5インチ上げたボードをお選びください。
最速テイクオフ & 抜群の安定性と回転性を体感できます! このボードならスピンも簡単です。

 

ちなみに、ムラサキスポーツ藤沢、茅ケ崎、横浜、神田、本店、幕張、サンズ一宮、梅田茶屋、浜松、宮崎の10店舗のみの限定発売となっています!
お問い合わせは、こちらから

サイズは、こちらをご覧ください!

 

 

 
 
 
 

The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る