ブログ

TURBO CUSTOM BOARD


 あと、1か月ちょっとで今年も終わっちゃいますね。TURBO JAPANでは、毎年恒例の来年モデルの営業ツアーが始まり、毎日あちらこちらへとお邪魔させて頂き2017年モデルをご紹介させて頂いております。

前回も少しお知らせいたしましたが、カスタムオーダーフェアでオーダー頂いたボードの一部がシェイプが終わったとグレンが写真を送ってくれました。

オーストラリアから日本まで約10日間ぐらいかかるのでしばし、お待ちください。

色の選択はもちろん、お客様が良く行くビーチに合わせてテンプレートを考えたボードや今、TURBOで大人気なテンプレートをベースに作ったボード、練習中の技にフォーカスして作ったボードなどカスタムボードならではのこだわりボードが仕上がっています!

1

3

222

333

このバットテールめちゃくちや調子が良さそうです! 

グレン テーラーの師匠はバットテールの生みの親であり、MANTAボディボードの創設者であるテリーフレミングなのでバットテールの機能性を良く理解しているシェイパーだと思います。

現在、グレンは、オーストラリアでは彼自身のブランドPROJECTはもちろん、TURBO,や他のブランドの有名プロフェショナルボディボーダーへのボード供給を行っているので、オーストラリプロツアーでは彼のシェイプしたボードが沢山見る事ができます!ボトムの筆記体のGTマークを気にしてみると面白いかもしれません。ボードマニアの方は、ぜひチエックしてみてください。

 


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る