ブログ

どんなドラマが起きるのか?JPBA最終戦


15年目を迎えたJPBA ボディボード国内プロツアー!今年のツアーは、ドラマが沢山あり本当に見ていて楽しい!
第一戦夷隅では、ターボガールズ汐月麻子、野村祐子が2位、3位タイでダブル入賞!
第二戦7月の湘南では、スモールコンデションながら近藤義忠プロ、大原沙莉プロが完全に試合を制して圧巻の優勝!

そして、先月行われた第三戦 新島では、大会史上最大のビックウェーブコントテストとなり、毎年コツコツとハワイで修業してきた選手達が決勝へと進み、結果は近藤義忠プロ、刀根真由美プロが湘南に続き優勝! チームFREEDOM FIN /カノウの高橋平は、が4位入賞と少し残念な結果となってしまったが、セミファイナルまでは、ギャラリーをうならせるライディングを披露していた。新島の時点で、カレントランキングポイントがほぼ同列になり、結果は明日から行われる宮崎次第となっている。

なかでも、チーム FREEDOM FIN / YS 柴田泰之 はグランドチャンピオンに向けて頑張って欲しい!

そして、我らチームターボガールズも地元 横手奈都紀をはじめ、汐月麻子5位、野村祐子8位と上位に食い込んでいるので更に年間ランキングを上げる為に素晴らしいライディングを見せてくれるだろう!

15年目のドラマだらけのJPBA 最終戦 木崎浜クリーンビーチカップは一体誰が笑うのか?とても楽しみであります。
選手の皆さん!カッコいいライディング見せてください!

 


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る