ブログ

事件は現場で起きている! NSA東京支部予選応援編


久しぶりの東京支部予選応援

先週末、千葉県志田ポイントで開催されたNSA東京支部予選へ応援に行ってきました。
自分が参加していたころは2週間かけて、四日間でぎりぎり消化できるぐらい参加者が多い、半端ないカーニバル感がある大会だったことを良く覚えています。そんな東京支部予選に久しぶりに応援に行ってきました。波もコシぐらいあり、試合には十分なコンデション!全日本の切符を掛けて戦う支部予選、今年はTURBOユーザーの方も多く参加されていたので応援にも力が入りました。

そんな熱い戦いに勝ちファイナルにコマを進めたのは女子はこの4人!
女子

WOMENSクラスファイナリスト! 4人中3人がTURBOユーザーと言う嬉しい状況!
流石、超都会派サーファーから圧倒的な支持をされいるブランド「TURBO SURF DESIGNS」(笑)

結果は、ファイナルヒートで10点のライディングを決め、ぶっちぎりの優勝を果たした大角地一美さん(ダックスサーフショップ)が全日本への切符を手に入いれた!(写真一番左)見応えのある素晴らしいライディングでした。

 

MENS

一方メンズは、良いセットをつかみ、きれいなエルロロをメイクした阿部正太プロの一番弟子であり、

TURBOユーザー川嶋正明さん(写真一番左)が優勝!おめでとうございます。 

個人的も思い入れがあるこの大会で男女共に東京チャンピオンがTURBOユーザーであることを、とても誇りに思います。二人の東京チャンピオン!全日本 本線も頑張ってくださね!

そして大会後に気が付いた事だが1つ!(少し、仕事モードです。)
ファイナリストになったTURBOユーザー4人には1つの共通点があり、その共通点とは、全員が「PRADOX 2REDコア」(パラドクス ツー レッドコア)を使用したボードを使用していたこと。

このコアは、TURBOシェイパー グレン テーラー一押しのコアで、パイプラインで予選を1位通過し、日本人唯一パイプラインの本線へ出場を果たした前山剛志をはじめ、5月のKPSプロ2位の汐月麻子、3位の野村祐子も使用しているTURBOオリジナルコアです。

これからライダーや多くのユーザーさんがこのコアで使い良い成績を収めてくれることでお手伝いできればメーカーとして最高に幸せだなと思います。

パラドクス2レッドコアの詳細はこちらから!

 

 

 


The following two tabs change content below.
Junichi Morimura
Turbo Japan Co.,Ltd代表取締役 ボディボード評論家の肩書を持ち、四半世紀ボディボード普及の啓蒙活動を行っている。これまでに販売したボディボードは10万本以上を誇る。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る