ボディボード ラボ

  1. TURBO式クワッドチャンネル

    今の旬のクワッドチャンネルの乗り心地をレポート今年のボディボードトレンドの中にクワッドチャンネル(4つのチャンネル)があります。どのメーカーも最新のボトム形状としてリリースしています。

  2. TURBO YSK.LTD MODEL 2018

    今年で2年目を迎える京谷雄策プロ監修の限定モデル YSK.LTDモデル、グラブデッキカンタ―やクワッドチャンネルなど新しいオプションを搭載することにより、スピード性能を究極まで向上させているのが特徴です。

  3. 技術を磨くのは当たり前!

    プロが技術を磨くことは、サラリーマンが会社に行く事同じであたりまえ!厳しい意見でもあるが共感してしまった。

  4. 【Isabela Sousa】 フィンの重みを遠心力に変えて回るスピン 

    イザべラ みたいなカッコいいスピンをしてみたい!スクールなのでスピンの最後の1/3回転で止まってしまう悩みを聞きます。

  5. ボトムアート始めます。

     早いもので1月も中旬を過ぎました。あと、一ヶ月弱でインタースタイル(国内最大のアクションスポーツの展示会)今年もTURBOは出展を行ないます。 2月14日~16日の3日間の開催です。それに合わせて発表を考えていたTURBO ART PROGLAMの事を紹介したいと思います。

  6. ブルネイってどこだ!

     いきなり唐突な始まりですが、みなさん!ブルネイと言う国を知っていますか? 実は先日、海外からTURBOカスタムボードのオーダーの問い合わせがあり、送り先をみたらブルネイと書いてあり???ブルネイ?ってどこ?と言うことで早速、ググってみました。

  7. ボディボードの耐久性を向上させたPSI ストリンガーシステム 

    普段見えないボード内側ここ数年のボディボードの生産技術の向上は目を見張るものがあります。TURBOでは採用していませんが、ストリンガーを取り外し交換できるボードが出てきています。

  8. 口コミで広がる調子のいい「やべぇ ボード」?

     明日、関東も梅雨があけるそうです。いよいよ夏本番ですね。今回は、乗るだけで楽しさ10倍、いや100倍になるマジックボードの見つけ方について書きたいと思います。 商品を買う場合の情報収集の一つに口コミと言うものがある。

  9. 水温が一気に上がるこの時期に必要なボード管理方法

    水温が一気に上がるこの時期に必要なボード管理方法気温が30℃を超え、水温も25℃近くになるとボディボードはかなりの負担がかかります。特にストリンガーが入っていないボードは、管理方法が悪いとロッカーがきつくなってしますので気をつけてください。

  10. TURBO JAPAN SPRINGキャンペーンスタート

      本日、3月15日よりTURBO JAPAN SPRINGキャンペーンがスタート致します!そこで、キャンペーンの内容をご紹介させて頂きます。

ページ上部へ戻る