Junichi Morimuraの記事一覧

  1. 柴田泰之が試合前日に試したこと。

    ボディボードには欠かせないフィン(足ヒレ)だが、殆ど人がこだわりをあまり持っていないのではないだろうか?多くのアマチュア選手やフリーライドを楽しむボディボーダーの方は、どうしてもボードの性能に目が行きがちだが、プロはやはり少し違う視点を持っているようだ。

  2. 湘南オープン2017 京谷雄策 4位入賞 

    十人十色の夏!暑いのが大好きな人、苦手な人様々な夏があります。湘南、鵠沼にあるこの歩道橋を渡ると夏が来た事を実感します!そんな中、熱い夏の始まりを告げる湘南オープン!今年も開催されました。

  3. 東京チャンプ!石川裕光選手

    空梅雨なのか?良く天気予報がはずれて、ムシムシの熱さが続いていますね。そんな中、6月はNSA全日本選手権出場をかけて各支部で予選が開催されました。TURBO JAPANが注目しているのは、もちろん東京支部予選です。

  4. 週末をとことん楽しむためのボード TURBO YSK.LTD

    はやいものでもう、6月中旬 梅雨に入ってしまいましたね!梅雨はサーファーにとって、波も小さくなり退屈な時期ですが、京谷雄策が梅雨時期の小波な週末をとことん楽しむためのボードをプロデュースしました。

  5. 野村祐子 5位入賞! JPBA第2戦 NIIJIMA PRO

    本人、曰く波数が少なったが、とてもいい波で試合ができたと報告があったJPBA第2戦 NIIJIMA プロTURBOライダー!野村祐子が5位に入賞!!!!セミファイナルでまさかの同点2位! カウントバックの結果3位になってしまい、結果5位入賞の結果となった。

  6. がんばれ!プロボディボーダー!!新島PRO編

    プロスポーツ選手を取り巻く環境は、どのスポーツもやさしくはないようだ。特にサーフィン、ボディボードなどのマイナースポーツのプロ選手は、プロ活動だけで生活ができる選手は、ほんの一握りの選手だけで、多くの選手が、別の仕事をしながら活動をしているのが殆どのようだ。

  7. 【Isabela Sousa】 フィンの重みを遠心力に変えて回るスピン 

    イザべラ みたいなカッコいいスピンをしてみたい!スクールなのでスピンの最後の1/3回転で止まってしまう悩みを聞きます。

  8. 京谷雄策のボディボードの楽しみ方

    ボディボードにはいろいろな楽しみ方があります。のんびり楽しく!とか日常を忘れる為とか!大会に勝つためとか?まさに十人十色京谷雄策は、全部経験した上で、今はボディボードの「カッコよさ」を追求する事を楽しんでいるだと思います。

  9. 大きな変化が起きた ? JPBA第1戦「美黒 ISUMI OPEN」

    2020年オリンピックのサーフィン競技の開催地である志田ポイントでは、Ichinomiya Chiba Openの開催で多くのプロサーファーが集まり、そして、夷隅海岸には、ボディボード競技の プロツアーの初戦 「美黒 ISUMI OPEN」が開催されました。

  10. 初めてのボディボード大会観戦

     JPBA ボディボード プロツアー 第一戦 『美黒ISUMI OPEN』が今週末から千葉県 夷隅市にある夷隅ポイントで開催されます。

ページ上部へ戻る